居眠り運転を防ぐ方法

居眠り運転は交通事故の原因となるので、車を運転する際には居眠りをしないように努め、疲労の蓄積や睡眠不足などで居眠りしそうな身体の状態になっている場合は、運転を控えて他の人に頼むようにすることが重要です。しかし、遠方地域で仕事があるといった理由で、疲れや寝不足が解消されていない状態のまま運転をしなければならない場合もしばしばあります。もし、運転を控えるべきコンディションの中で運転をしなければならなくなった場合、運転中の居眠りはどのように防げば良いのでしょうか。
運転中の居眠りを防ぐためにはまず、集中力が切れてきて疲れや眠気を感じるようになる前に休憩をすることが重要です。人間の集中力は1時間から2時間程度しか継続しないのgf0240039759lで、運転を開始してから1時間が経過したら、2時間が経過するまでの間に適当な場所に駐車して休憩をとりましょう。休憩は車内でとるのではなく、車外に出て空気を吸ったり身体を動かしたりしながらとるのが良いです。
また、缶コーヒーなどの糖分が多めに入っている飲み物を飲んだり、ガムをかみながら運転するのも、居眠りを防ぐ効果があるといわれています。運転中に軽食をはさむ場合は、食べ過ぎるとかえって眠くなることがあるので、小腹を満たす程度にとどめ、あまりたくさん食べないようにすると良いです。
なお、どんな手段をとっても眠くなる場合は、思い切って車内で仮眠をとるのも良い方法です。仮眠をとることで身体がリフレッシュされますが、仮眠を終えた後は身体をしっかり覚醒させるために、体操などで身体を動かすようにしましょう。